マインドフルネス学校のご案内

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3575512_1.jpg

マインドフルネス学校の使命

幸せになれるマインドフルネスを世界中にお伝えする事

  〇 自分らしく生きて行く事の出来るマインドフルネス

  〇 ストレス社会の中でも生き抜いていけるマインドフルネス

  〇 マインドフルネスの指導者を育成指導する

マインドフルネス学校の校是

校是 1 知行合一

王陽明は、知って行わないのは、未だ知らないことと同じであることを主張し、知っている以上は必ず行いにあらわれると述べた。真の知行とは「好き色を好むが如く、悪臭を悪むが如し」と説く。例えば、好きな色というものはそれを見た(知った)瞬間に好んでいるのであり、色を見て(知って)から好きになろうと判断するわけではないのである。朱熹の学(朱子学)が万物の理を極めてから実践に向かう「知先行後」であることを批判して主張した。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

校是 2 素志貫徹

素志貫徹、すなわち初志を貫くことが、結局は成功の可能性を高める道であり効率的であると、松下幸之助は自らの体験から結論づけています。初志を貫く中で遭遇するであろう苦労や苦難、心配は、リーダーとしての宿命です。成功を得るために代償を払ったり、辛抱を強いられたりすることは当然で、そうした辛抱も生きがいと感じられる人が成功します。出典:出世ナビ経営書を読むより

校是 3 常に謙虚であれ

世の中が豊かになるにつれて、自己中心的な価値観をもち、自己主張の強い人が増えてきたといわれています。しかし、この考え方ではエゴとエゴの争いが生じ、チームワークを必要とする仕事などできるはずはありません。自分の能力やわずかな成功を鼻にかけ、傲岸不遜になるようなことがあると、周囲の人たちの協力が得られないばかりか、自分自身の成長の妨げにもなるのです。そこで集団のベクトルを合わせ、良い雰囲気を保ちながら最も高い能率で職場を運営するためには、常にみんながいるから自分が存在できるという認識のもとに、謙虚な姿勢をもち続けることが大切です。出典:稲盛和夫フィロソフィ常に謙虚であらねばならないより

あいさつ マインドフルネス学校の開設にあたり

YouTubeヨリ

マインドフルネス学校の開催講座

マインドフルネス瞑想療法士認定講座(講義・模擬実技編)

自殺を防止するために、薬物療法でも治らないうつ病、非定型うつ病、不安障害(社会不安障害、PTSD,パニック障害)等のかたをマインドフルネス心理療法でサポートしていく事や直して行く為の支援をするカウンセラー「マインドフルネス瞑想療法士」の資格取得のための講義や瞑想講座・模擬実技を交えた資格認定講座 ⇒ 詳細は

マインドフルネス瞑想療法士認定講座(オンライン講座)

マインドフルネス心理療法でサポートしていく事や直して行く為の支援をするカウンセラー「マインドフルネス瞑想療法士」の資格取得のためのオンライン講座。オンラインを活用した講義や瞑想講座・模擬実技を交えた資格認定講座 ⇒ 詳細は

この記事は以下の方が執筆しています。

佐藤福男
〇資 格 : マインドフルネス瞑想療法士(マインドフルネス総合研究所)  マタニティー / 0才児 指導者資格(幼児開発協会)  一般旅行業取扱主任者(国家資格)  〇役  職: 非営利型一般社団法人マインドフルメイト代表理事・ マインドフルネス学校 学校長